どこで育てよう?

 

今回は”置き場所”についてお話します。

チランジアの原産地の様子を知って、

わたしたちはどんな環境で育てていけばいいのか

一緒に考えていけたらと思います。

 

主に南米を原産とするチランジアは、

土ではなく、などにくっついて育つ

”着生植物”の仲間です。

他にもサボテンについていたり、驚くのは電線に絡まって生きていたりします。

私も写真でしか見たことがありませんが、

実際に現地で見てみたいなぁ~と思います、心から…   夢ですが…

 

木や電線などに着生することで、風通しがよく気持ちよく生活することができます。

光線も好きな場所に着生することで、調整出来ますね。

 

水分はどのように補っているかというと

原産地の夜は濃霧で、湿度も充分にあるため

乾燥することなく快適に水分補強ができるわけです。

ではわたしたちのチランジアの栽培方法、

置き場所は、窓越しの明るい場所がいいでしょう。

非常に通風を好むので、

原産地のようにとはいかなくても、風通しの良い場所で育てましょう。

それが同時に、水に濡れてからの乾きやすい環境にもなってきます。

 

 

まだまだ補足がありますが、

これからスピーシーズナーセリーさんへ仕入れです!!

 

この話の続き(温度管理)と、本日の入荷情報は

後日…   早めにします!!

 

では、いってきます!!

 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキングへ

コメント