Archive for 3月 2012

春のネグレクタ祭り?!

 

お店の看板チランジア!!

ネグレクタ巨大群生がっ…!!!

大勢でを咲かすようです!!

気付いたら360度 (群生なのでシルエットはまんまる)

素敵な花芽たち♪

 

 

 

 

 

 

 

群生しているネグレクタの中ほどは、根っこが絡み合ってます。

 

やはり、ネグレクタは強い!!

花と同時に子もふいてきました。

よーく目を凝らすと、きっと見えるはず!

 

よく殖えるいい子です。

 

開花したら、本当にお祭りですね、これは。

薄紫色の花弁が360度…

 

楽しみです!!

ちなみに高さ、およそ50cm

横幅、35cm

 

ほんっとにいんです!!

 

 

でも、メンテナンス頑張るから…

 

どんどん育てよ!!

 

 

ずっと管理していると、変な親心になるものですね。

 

 

ちなみに、日曜日には”たゆみま農場”から届いたチランジアを

お店に展開できるはず!

よろしくどうぞです


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキングへ

気になる、温度管理

 

ぽかぽか陽気で、今日は過ごしやすいお天気ですね!

 

とはいえ、朝晩まだまだ寒い…  チランジアももう少し室内で我慢ですね。

そうなんです、チランジアは屋外で管理することができます。

 

では、どのくらいの温度がチランジアに適しているのか…

 

イメージはどうでしょう?

めちゃめちゃ寒さに弱そうですよね。

 

冬場の越冬温度は最低10℃

真夏は最高25℃!!

 

基本的なチランジアはこれに準じます。

 

真冬ですと、室温も楽に10℃をきってしまうので

心配になるところですが、乾いているチランジアはかなりの寒さにも耐えます。

しかし成長は止まります。 熱帯の植物、観葉と一緒ですね。

ちなみにたゆみまさんの温室も、5℃まで下がるそうですよ!

 

逆に真夏は25℃を越えたら、通風をしっかり考えましょう。

夏場に窓を閉め切って出かけると、

帰宅後はムワっとしていますよね。

あれは危険です!

蒸れて腐ってしまいます。

そんな時は、戸外の軒下(直射日光はさけて)に置きましょう。

むしろ、春~秋は戸外で管理すると気持ちよく過ごせるでしょう。

ベランダの樹木に絡ませたり…

私の育てている植物は、冬以外は基本外で管理するので、

チランジアも風に揺られて、気分がよさそう。

 

そよそよです!

早く外に出したいなぁーと思う、今日この頃…

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキングへ

スピーシーズナーセリーさん 2日 仕入れ 2

 

再入荷!!

T.xiphioides (fuzzy form)

とてもキレイな白い花を咲かせます!

その花をみて(写真ですが…)

心を奪われました!

ただいま購入検討中…

 

しかも!

とってもイイ香りなんですって!!

 

 

 

T.funebris (Dark Brown flower)

ミニサイズのチランジア

なんと、濃い茶色の上品な花を咲かせます!

とても魅力的!

花芽付きも入荷してます

 

 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキングへ

スピーシーズナーセリーさん 3月2日 仕入れ 1

 

車に揺られて

やってきた!!

 

 

T.califanii

大きさもあり、存在感あります! メキシコ産!

 

 

T.ionantha v.vanhyningii

小ぶりなバンハイ!!

ロゼットがキレイで惚れ惚れします!

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキングへ

たゆみまさん 3月3日 入荷

 

千葉から、到着!!

長旅お疲れ様です!

 

キセログラフィカ!!

流れる葉がキレイ! やっぱりチランジア界のキング!!

風格あります!

 

 

特大キセロたんです!!

かなりの重量!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、525円の

 

3つで 1,260円の、ちっちゃくてカワイイレギュラーサイズも充実です!!


 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキングへ

どこで育てよう?

 

今回は”置き場所”についてお話します。

チランジアの原産地の様子を知って、

わたしたちはどんな環境で育てていけばいいのか

一緒に考えていけたらと思います。

 

主に南米を原産とするチランジアは、

土ではなく、などにくっついて育つ

”着生植物”の仲間です。

他にもサボテンについていたり、驚くのは電線に絡まって生きていたりします。

私も写真でしか見たことがありませんが、

実際に現地で見てみたいなぁ~と思います、心から…   夢ですが…

 

木や電線などに着生することで、風通しがよく気持ちよく生活することができます。

光線も好きな場所に着生することで、調整出来ますね。

 

水分はどのように補っているかというと

原産地の夜は濃霧で、湿度も充分にあるため

乾燥することなく快適に水分補強ができるわけです。

ではわたしたちのチランジアの栽培方法、

置き場所は、窓越しの明るい場所がいいでしょう。

非常に通風を好むので、

原産地のようにとはいかなくても、風通しの良い場所で育てましょう。

それが同時に、水に濡れてからの乾きやすい環境にもなってきます。

 

 

まだまだ補足がありますが、

これからスピーシーズナーセリーさんへ仕入れです!!

 

この話の続き(温度管理)と、本日の入荷情報は

後日…   早めにします!!

 

では、いってきます!!

 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキングへ