Archive for 2月 2012

水をあげましょう

 

今月の3日からスタートしました ”エアープランツフェア”も、

先週の日曜日、19日に無事に終了いたしました。

 

たくさんの方々のもとに、新鮮なチランジアをお届けすることができ

大変うれしく思っております。

 

さて、今回は購入したはいいものの、

”おおまかなことしかわからないわ” という方に

まず水やりのお話からしたいと思います。

チラマニアの方たちは充分すぎるほどご存知だと思いますが…

*一般的なチランジアの育て方*

快適で過ごしやすい  春・秋月3回程度

酷暑、極寒   夏・冬→月2回程度

を目安にソーキングをします。

 

ソーキングとは…

株全体を水中に一晩(約7時間)浸けこむことをいいます。

夜に浸けると、水分の吸収率が良い気がします(持論)。

水から上げたら、風通しの良いところで乾かしましょう。

すぐ乾く環境作りが大切です。

直射日光にあてるのは、ムレて腐ってしまう原因になります。

気をつけましょう。

 

乾燥が激しい時期はミスティング(霧吹き)も忘れずに。

 

 

ソーキング後のチランジアは、プリプリでとってもキレイです。

私も、お店では自分の退勤時間に合わせて大きなバケツで浸けこみます。

翌日の出勤で、洗濯物を干すように

チランジアを干します(笑)

手入れをしながらのその作業が習慣なのですが

とても好きな時間でもあります。

 

みなさんもチランジアのソーキング

”Before”  ”After”

を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

次回は置き場所と温度管理についてのお話をします。

お楽しみに!!


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキングへ

はじめまして!!エアープランツのブログです

 

”エアープランツ”と呼ばれている、この不思議な植物…

実はパイナップルの仲間なんですよー!!

”チランジア”というのが、正式名称です。

 

 

昨今、”インテリアプランツ”としても人気の高まっているチランジアですが、

まだまだ園芸店での流通、取り扱いの規模が小さいため、

名前だけがひとり歩き…

”エアープランツ”…  インテリアとしての植物…

それはそれはよく勘違いされます。

 

代表的な誤解の例としては、

<放っておいても良い>  →環境が整っていれば、難しい栽培ではないですが…

<水がいらない>      →それぞれの品種ごとに、適切な湿度が保たれていれば…

例えば、夜に濃霧になるとか

 

つまりは、”原産地では”の話!!

 

”非常に乾燥に強い植物”というように

イメージを変えていっていただければと思います。

 

 

今日からスタートしました

このブログでは、

チランジアの生息する

原産地や高度、

環境を一緒に学んで

楽しく、そしてちょっとタメになる

お話をしていこうと思います!

 

 

 

 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

人気ブログランキングへ